• トップページ
  • リフォームナビについて
  • 5つのメリット
  • リフォームの流れ
  • 全面リフォームパック
  • LIXILリフォームショップのご紹介
  1. トップページ>
  2. リフォーム成功ノウハウ集(水廻り)

リフォーム成功ノウハウ集(水廻り)

キッチン

自分の要望・希望を最初に整理しよう!

キッチンのリフォームを成功させるのに一番大切な事。それは、最初にキッチンリフォームで『どこを・どうしたいのか』という要望を整理し、何を優先するのか決めましょう。キッチンは要望やその優先順位によって、進め方が若干異なります。
たとえば、壊れたキッチン機器を交換することが主目的だったり、予算重視のリフォームを行う場合は、先にリフォーム会社を決めて、予算に合うキッチン商品の提案を受ける方がスムーズに進むでしょう。
一方で、「希望どおりのキッチン空間をつくる」のが一番の望みなら、まずはじめに自分のスタイルに合うキッチンを探し、それを見つけた後にリフォーム会社を探した方が、満足度の高いリフォームになるでしょう。

 

バス

換気・乾燥をしっかりと!

浴室・バスをリフォームする際に気をつけたいのは、換気・乾燥がしっかりでき、カビやシミを充分に防げること。また、暖房を設置するなどして脱衣所・浴室・浴槽の温度差を少なくし、冬場の体への負担を和らげることも大切です。もちろん、リラックスできる機能も見逃せません。それぞれに魅力があり、頭を悩ますのがバスルームの機能や工法です。色やサイズや素材、安全性と機能性も考慮しなくてはなりません。浴室・バスのリフォームの第一歩はまずここから。それぞれのメリット・デメリットをよく理解して、快適な空間を作り上げてください。

 

トイレ

各階に配置、ドアの開き方にも配慮を。

2階建・3階建住宅の場合、各階に1カ所ずつトイレを設けましょう。階段を昇り降りしなくてもトイレに行ける利便性もちろんのこと、朝など家族が分散して使用できる点がメリットです。ただし、この場合気をつけたいのは、上下階でトイレなどの水回りゾーンを揃えること。配管や配線を集中させた方がコストダウンが図れるからです。
また、扉は通常は内開きが多いですが、最近は中で人が倒れた場合のことを考えて、外開きにする家庭も増えてきました。しかし、トイレは廊下に面していることが多く、人の動線を考えないと外開きドアは事故の元です。最も省スペースでイザという時にも安心なのは、引き戸です。

 

洗面

洗面所で何をするかを考えてリフォーム

特定のメーカーにこだわらない場合は、希望する「機能」を伝えるに留め、リフォーム会社から提案をもらいましょう。古いタイプのものやメーカー在庫を利用するとコストを抑えられますので、コストを重視する際は、そういったものが手配できないかリフォーム会社に相談してみましょう。また、既製品の洗面台ユニットを導入せずに、気に入った鏡やボウル・蛇口などを利用したオリジナルの洗面室を作ることもできます。シンプルなものであれば、価格的には、システム洗面台と大差無く済む場合もあります。

リフォームをお考えなら、U-SPECへお任せください。 お問い合わせ・資料請求はこちら
東京・神奈川で物件数20,000件以上プロが使うU-SPEC物件検索システムで中古物件を自宅で探してみよう! U-SPEC物件検索システムで探す
WEBからのお問合せ・お見積り
無料で申し込む
  • 中古×リフォームのメリット
  • 中古×リフォームの流れ
  • リフォーム成功ノウハウ集
  • 補助金など有利な制度の説明
会員限定物件を見たい方はこちら

お得な物件や、非公開物件を取り揃えております。

ログイン
無料会員登録はこちら
  • リフォームコンシェルジュ
  • 全面リフォームパック戸建新築二世
  • 今すぐわかる!スピード査定